臨床検査技師と臨床工学技士

臨床検査技士は、病院等で医師の指示によって検体検査をしたり、病理検査をするのが仕事の、国家資格者です。検体検査とは、患者さんから採取した血液などの検査で、脳波の検査などが病理検査です。これらの検査結果によって、医師は患者さんの病状を判断し、治療方法を決めますので、検査の結果は微妙な間違いでも、患者さんに大きな影響を与えてしまいます。脳波などの病理検査にしても、間違った検査結果は診療を受けている患者さんの快復を妨げるどころか、悪化させてしまう可能性もあります。少しの間違いも許されない大事な仕事です。検査技師は、患者さんの血液を採取する仕事と、病理医の助手として遺体解剖の手伝いをすることも認められています。

臨床工学技士とは、検査技師と同様に厚生労働大臣の定める国家資格です。仕事の内容は医師の指示に従って、病院内で医療機器や生命維持管理装置の操作をしたり、機器が正常に作動するか調べたり、不具合を直したりなどが仕事です。目ざましい技術の進歩により、高度な医療工学機器が次々に開発されていますので、患者の生命に関わるこれらの機器を操作・管理する臨床工学士の役割は大きなものがあります。また、医師の補助として、直接診療や施術の現場に携わることもあります。

臨床検査技師と臨床工学技士の仕事を比べてみますと、臨床検査技師の行っている、血液や尿などの検査は専門の業者に外注する病院が増えて、検査技師を採用する病院が減っています。かたや臨床工学技士は、手術など治療の現場で携わり、機械の操作をしたり、機械に異常やトラブルがあれば、修理出来るだけのスキルを身に付けていなければなりません。病院にいなくてはならない存在ですし、近年増えてきた腎臓病患者さんの透析を行ったりと、臨床工学技士の仕事が増えているのが現状です。